賃貸の住まいを老後の糧にする

マンスリーマンションなどの短期間契約の賃貸が人気です
私の知っている人で、親から譲り受けた賃貸の一軒家をいくつか所有し年金に加えて収入があるのでなんとか快適な生活ができている、という人がいます。その人は、会社員ではなかったので国民年金だけです。もし、それだけだったらよっぽどの貯金がない限り自立した生活を送るのは難しかったかもしれません。

その一軒家はかなりの古い物件ばかりです。なにせ、その親が所有していたものですから新しいはずはありません。おまけに、運がよいことに住んでくれている人も商売柄ずっと住み続けてくれている人ばかりで面倒な手間がかかっていないのです。今までそんなに困ったこともおこっていないようです。ただし、どこも古い物件なので、その点はご了承ください、みたいな取り決めでかなり安い家賃で貸しているようです。

それでも毎月遅れることなく支払ってくれる家賃は、生活費としてとてもありがたいものでしょう。私にとってはうらやましい限りです。今後、修復費などがかかるようになったらその時はいまさらお金をかけるつもりもないので、それでおしまいにしたい、とも言っています。親からの贈り物だと思っているので大切にはするが、いまさらお金をかけてもしょうがない、という考えのようです。確かに老後に借金してまで管理物件をもつのはどうかと思います。とにかく、なにもない私はうらやましい限りです。

Copyright (C)2017マンスリーマンションなどの短期間契約の賃貸が人気です.All rights reserved.